亀山市長選挙における公開討論会の中止と経緯説明について

一般社団法人亀山青年会議所は亀山市長選挙に向けて、各立候補予定者に本音で政策・主張やビジョンを語っていただき、参加した市民一人ひとりが立候補予定者とともに亀山市の問題と向き合い未来を考えることによって、政治選択の材料と機会を提供することはもとより、市民一人ひとりの政治参画意識の向上の機会をも提供できる公開討論会を平成29年1月18日に開催するべく準備を進めてまいりましたが、下記の事情により、やむを得ず中止する運びとなりましたのでご報告いたします。

○中止の理由
当会議所では、平成29年1月9日時点で出馬意向を表明されていました2名の方に参加依頼を行い、開催に向けた円滑な準備の都合上、13日正午時点で、桜井よしゆき立候補予定者からは参加のご回答をいただくことができましたが、豊田恵理立候補予定者からは参加のご回答をいただくことができませんでした。なお、豊田恵理立候補予定者から回答書に記された不参加の理由は「都合がつきません。」(豊田恵理立候補予定者の回答書からそのまま転載)となっておりました。
従いまして、当初開催・中止の判断を予定していた13日時点で討論形式を採ることができず予定していた公開討論会の開催を断念せざるを得ない状況となりましたが、市民の皆様に政治選択の機会と材料を提供する公開討論会の意義とその実施の必要性に鑑み、準備の都合との関係でデッドラインとなる本日午後6時まで開催・中止の判断を延期し、開催への途を模索させていただくこととさせていただきました。しかしながら、上記2名の他に新たな立候補意思を表明される方が現れず、また豊田恵理立候補予定者の翻意もなかったため、公開討論会の開催を断念せざるを得ない結果となりました。

公開討論会を通じて、市民一人ひとりが自らの住む地域に対する関心を高め、まずは基礎自治体の政治選択の問題を自分事と捉えて政治参画意識を高めていくことが、この地域の再生、ひいては日本の再生に通じる唯一の道であると確信し準備してまいりました。亀山青年会議所では、首長選挙が開催される場合に、今後も公開討論会を企画実施し、明るい豊かな社会の実現に邁進してまいります。開催の趣旨をご理解いただき、次回以降の開催についてもご協力をいただきますようお願いします。

また、開催に向けてご協力頂きました関係各所の皆様にはこのような結果になりました事を深くお詫び申し上げますとともに、中止の経緯、理由等についてご理解頂ければ幸いです。なお、今回公開討論会の開催は叶いませんでしたが、多くの方々から励ましの声や質問案などを頂戴し、皆様の亀山市長選挙に対する関心の高さを知ることができたと同時に、選挙に際して市民の皆様に政治選択の機会と材料を提供するという我々の運動の意義と重要性を再認識させていただくことができました。当会議所と致しましては公開討論会開催断念というところで運動を止めてしまうのではなく、選挙投票までの間に何がしかの方法で立候補予定者(告示後は候補者)の政策を市民の皆様にお伝えする手段がないか別の途を模索していく所存であります。その際には改めてご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

コメントは受け付けていません。